開店祝いに送りたい花、胡蝶蘭

胡蝶蘭について紹介します

お祝いに悩んだら

カタログギフト相手へのお祝いの無いように悩んでしまった場合にはどのようにすればいいのでしょうか?相手にお祝いを贈らないのは失礼にあたりますので、贈らないでいいということには決してなりません。しかしながら、相手がどう考えても喜ばないようなものを送ってもそれはありがた迷惑になってしまいます。

そんな場合に活用するといいのが、カタログギフトです。ギフトセットの中から自由に商品を選ぶことができますので、相手の欲しい商品が相手の手に渡ることになります。送る方のストレスも軽減するのでお勧めの方法になってきます。さらには、贈られた側の自由度をさらに増すために商品券や現金を相手に送るという方法も考えられます。相手は、好きなタイミング自分の欲しい商品を手に入れることが可能となってきます。

贈り物を贈るタイミングはとても重要でそれを失ってしまうと、意味が薄れてしまいます。気持ちを伝えるにはタイミングが非常に重要なポイントになるからです。何を送ればいいのかわからないような場合には、そのタイミングを失うことなくギフトカードや商品券などを送るのも良い方法になります。また、このような場合にも胡蝶蘭などの花を一緒に贈るとお祝いの気持ちを確実に相手に届けやすくなります。

お祝いに適した花

胡蝶蘭お祝いの際に、しばしば用いられる花束ですが、華やかな感じのものであれば問題はないといえますが、例えば古くからの付き合いのある会社のお得意さんに送るような場合には、華やかさよりも貴賓が求められてきます。そんな場合にしばしば用いられるのが、胡蝶蘭です。胡蝶蘭を見たことがある人であればわかると思いますが、非常に貴賓にあふれています。胡蝶蘭が会社の入り口などの飾ってあるとそれだけで会社の雰囲気がアップしてきます。会社の雰囲気に合わせて胡蝶蘭の色やデザインを工夫することもできます。また、胡蝶蘭を専門に扱っている業者「オーキッドスタイル」では胡蝶蘭に化粧を施した化粧欄といったものも扱っています。お祝いの言葉や気品ある絵柄を専用パウダーで花びらにお化粧してもらえます。オリジナルのお祝いが出来ますので、もらった人はとても喜ぶでしょう。

化粧蘭…ご存知ですか?

明治時代に日本に持ち込まれた胡蝶蘭。

高級品として愛され、当時は一部の富裕層しか胡蝶蘭の美しさを楽しむことができなかったようです。

そんな今も昔も気品ある美しさを誇る胡蝶蘭にお化粧を施したのが、化粧蘭です。

花を傷めることのない専用パウダーを使って、季節の絵柄やお祝いのメッセージを手作業で花びらに丁寧にお化粧した芸術品です。

胡蝶蘭を取り扱っている会社は、国内の一流と言われている会社がその会員となっていて、折々の贈答の際に活用しているというデータもあるくらいです。胡蝶蘭の販売を手掛けている会社の対応は非常にきめ細やかで、胡蝶蘭の運搬も一般業者に委託せずにすべてを自分たちの手で行って、相手に届けるシステムとなっています。日本全国への配送にも対応してもらえます。

お祝いのマナー

花お祝いをする際のマナーも知っておくといいでしょう。送る相手が会社などの上司の場合には贈ってはいけないものがあります。筆記用具は、上司に対して精進してくださいということを伝える結果になってしまうので、相手の気分を害してしまうことになるので、避けるべきです。

また、上司に靴下などを送る場合も、上司を踏みつける意味になってしまうので、避けたほうがいいでしょう。せっかくプレゼントをしても上司からいい評価を得ることが出来なくなってしまいます。更にはベルトも、気合を入れてというような意味になってしまうので、上司へのプレゼントとしては適していません

更には、単に贈り物を相手に贈るだけでなく、一言でもいいのでお祝いの気持ちを表したメッセージを送るようにするのは大変意味をもってきます。相手にたいする、ちょっとした心遣いがお祝いの気持ちを相手の心に響かせる結果となることが多いのです。

上司を含めて、一般的に一番多く用いられるお祝いの定番商品は花とプレゼントです。花を渡されると多くの人が非常にうれしく感じてくれるものですので、相手が欲しいと思うプレゼントに花束を添えるのは非常に賢いお祝いの方法であるといえます。

お祝いの際のしきたり

お祝い家族や友人に対してお祝いをしたいという場合に、一般的にするのが贈り物であると思います。贈り物を贈ればいいのは分かっているのですが、ではどんな贈り物をすると相手に喜んでもらえるのかは意外と難しいものです。また、家族や友人との間のしきたりや慣例を考えておかないと、他の人とのバランスを崩してしまうことも考えられます。お祝いをする際の贈り物はバランス感覚が必要になってきます。これまでのしきたりはどうであったのかを自分なりに知っておくのもお勧めの方法になってきます。

また、職場でのお祝いをするときには、スタンドプレーをするのは避けたほうがいいでしょう、同僚とよく相談して、その結果に沿ってお祝いをしていくのが良いでしょう。もしも、職場の友人に特別なプレゼントをしたいと考えるのであれば、職場の環境から離れてあくまでも個人的な意味合いで贈り物をするようにするといいでしょう。

会社の人間関係を損ねてしまってはお祝いの意味が台無しになってしまいますので、そこの部分も考慮に入れてお祝いの贈り物を決めることをいつも考えておくといいでしょう。

また、それほど親しくない間柄である場合には、取引先の方への贈り物は、普通の感覚で行うといいでしょう。取引先にいきなり贈り物が届くのは相手も困ってしまうかもしれませんので、目立たないような形でお祝いの気持ちを相手に伝えるというビジネスセンスが要求されます。贈り物を贈ることがマイナスにならないようにしなくてはなりません